肉割れクリームにも消すと予防で2種類!

消すか予防でクリームを選ぶ

 

お尻や太ももやお腹に肉割れ線ができてクリームでケアを始めようと思う人は多いです。

 

肉割れクリームと言っても妊娠線の予防やアフターケアの消したい人向けと2種類あります。
この2つを間違えると全く効果がないって訳ではありませんが、あえて違う目的のを選ぶ必要性はありません。

 

しかしながら、間違えて消したいのに予防用に作られたのを使ってしまい、肉割れが消えないと悩む人も多いです。

 

このサイトでは肉割れを消す方法について特化して解説をしています。すでに出来た赤い線や白い線を消したいって人はご覧頂ければと思います。

 

どんなクリームを使うとアフターケアに良いかなどの選び方をはじめ、薬局やドラッグストアのマツキヨなどで販売されているのにも解説をしています。

 

肉割れを消す方法!お尻や太もものアフターケアクリーム

肉割れを消す方法

 

肉割れを消すのであれば、すでに出来た人向けに作られたアフターケア用のクリームを使いましょう。

 

アフターケア用のクリームには予防する為の保湿成分と肌を整える美容成分が含まれています。
保湿成分が含まれている理由としては、すでに肉割れ線や脂肪線と呼ばれるのができた人は更に増えてしまうことが考えられる為です。
そのため、予防をしながら肌を整えて行くことで、消す為のケアとして必要となってきます。
いくらケアをしても悪化の部分の改善もしなければ、更に線が増えてしまうこともありますし、効き目を感じれないこともあります。

 

特に肉割れができやすい部位としてあるのがお尻や太ももやお腹です。
しかしながら、使うクリームに関しては部位に変わりはありませんので、部位によって使うクリームを選ぶ必要はありません。

 

ニベアなど薬局やドラッグストアの肉割れクリームの多くは予防用

 

最近では通販の利用者も多いですが、薬局やドラッグストアで薬やボディクリームを探す人も多いです。

 

基本的に肉割れはウイルス感染などが原因ではなく、急激に太ったり筋肉が付いたことが発症をする理由となります。
そのため、薬に関しては市販がされていなく、ボディクリームを使ってケアをしていきます。

 

マツモトキヨシなど薬局で販売されているので、有名なので言えばニベアなどです。
ただ、ニベアは保湿クリームではあるものの、アフターケア用ではなく予防目的で作られています。

 

肉割れを消したいって人にも効果はありますが、ケアをするのであればアフターケア用を選ぶのがおすすめとなります。

 

すでに肉割れ線ができた人向けに成分を選らんで作られているのを利用しましょう。

 

皮膚科のレーザーで肉割れ消す方法!高額な治療費を払える人向け

病院で肉割れを消す方法

 

肉割れを消す方法を探している人の中の一部には費用はいとわないって人もいるかと思います。
そういった人であれば、高額な治療費がかかりますが、病院で治療することもできます。

 

診療科目としては美容皮膚科となり、肌トラブルを専門的に扱うクリニックとなります。
総合病院や皮膚科では治療が行われていません。

 

すでに出来た肉割れの治療にはレーザー器具を使っていきます。
レーザーをお腹やお尻などの線ができた部位の付近に照射をして、肌を活性化させていく効果が期待できる方法です。

 

ただ、高額だからと即効性がある訳ではなく、クリームでのケアと同様に数か月は治療をする必要があります。
個人的には自宅で簡単にできるクリームを使って消す方法がおすすめとなります。

 

健康保険は使えない!病院のレーザーでの治療費の目安

 

病院でのレーザー治療が高額となってしまう理由は健康保険が使えない為です。

 

肉割れができたとしても人体に影響を与えるようなことはありません。
そのため、健康上に不備が生じる訳ではなく、健康保険の適用がされないのですね。

 

3割負担ではなく全額負担となり、高額なレーザー器具も用いるので、治療費が高くなってしまいます。

 

どの美容クリニックで治療するかにもよって金額は2倍や3倍と異なってきます。
最低でも10万円は治療費がかかると覚悟をしておいた方が良いです。

 

病院にもよって、5回パックや10回パックなど割引もあるので、事前に値段は調べておいた方が良いです。

 

ダイエットしても肉割れは消えない!筋トレで痩せても薄くはならない

ダイエットで肉割れは消えない

 

肉割れができた人で間違ってしまうことが多いのが、ダイエットをすると消すことができると思うことです。
しかし、これは間違いなので効果はないどころか、逆に悪化することもあります。

 

肉割れの原因は急激に太ったりからだのサイズが大きくなることによってできます。
そのため、成長期の学生には発症がしやすく、運動選手などで筋肉量が多い人にもあります。

 

太ることが原因のひとつとなっているのでダイエットで痩せることで治ると勘違いをしている人もいますが、違うので間違えないようにしてください。

 

ただ、脂肪が増加したことで肉割れができた人は原因の解消の為にもダイエットをすることは必要です。
しかし、乾燥をして弾力が失われた状態で食事制限や筋トレで過度な運動は逆に肉割れ線ができてしまうこともあります。

 

そのため、クリームなどで保湿をして予防をしながら、ゆっくりと痩せていくようにしましょう。

 

痩せていても肉割れはできる!乾燥による脂肪や筋肉の増加が原因

 

痩せていても肉割れができてしまうことがあります。
それは急激な筋トレによって、筋肉の増加が関係をしているか、乾燥をして弾力が失われている可能性が高いです。

 

肌は乾燥をすることで弾力が失われてしまいます。そのため、脂肪や筋肉が付くことで切れやすい状態となっています。

 

太っていたり痩せていたりすることで肉割れができる原因になる訳ではありません。
多くの人は乾燥をして弾力が失われて状態で脂肪がついたことで、皮膚の成長が間に合わず断裂をしてしまいます。

 

そのため、体系は関係がなく、急激にからだのサイズが大きくなることが原因となっているのですね。

 

まとめ

 

肉割れクリームといっても予防用とアフターケア用と2種類があります。
予防クリームでもケアの効果はありますが、あえて選ぶ必要はありません。

 

そのため、間違えないように注意をしましょう。

 

また、太って肉割れがすでに出来た人は過度なダイエットではなく、ゆっくり痩せるようにしてください。
肌の弾力が失われた乾燥した状態だと、逆に悪化をしてしまうことにもなりかねないです。

 

肉割れは基本的には真皮と呼ばれる細胞も切れているので、治ることはありません。
しかしながら、ケアをしていくことで薄くなり、目立たなくなってくるようになります。

 

ショートパンツやかわいい洋服や海に出かけたいのであれば、すぐに効き目は実感できないので、少しでも早めにケアをしていくようにしましょう。